なぜ人生に優雅さが重要なのか

街で1000人に1人ぐらいは見かける、とにかく忙しそうな人。

というよりも、何かに急き立てられてる感じの人。

 

たとえば本屋で、1冊の本を手にとって、びっくりするぐらいすぐに、元に戻す人。

 

何かに追いかけられているような人。

 

「いま取らなきゃ、他の人に取られる!」っていうような。

バーゲンセールに来ているような。切迫感。

 

その逆は。

 

人生は、なるべく優雅に動きたい。

 

人間の動き、動きのスピードには、価値観があらわれる。

優雅に過ごすということは「この世界が平和であること」を心から信じて、過ごすことだ。