小説のドヤ感

なんというか、小説の文章からは、多かれ少なかれ、ドヤ感を感じる場合がある。

 

こんな不思議な事が起こってますよ。

この言い回し、気がきいてるでしょう。

ぜひこんな風に感じてくださいね。

 

というような。

 

このドヤ感は少なければ少ないほど良い。

どれだけ小説の世界にコミットできるかどうかは、やっぱり、ある意味でのリアリティにかかっている。

 

f:id:yumainaura:20170527120524p:plain

 

f:id:yumainaura:20170527120427p:plain

f:id:yumainaura:20170527120435p:plain