「我々は究極のベストを尽くしても、せいぜいビーフジャーキーぐらいにしかなれません」 (「騎士団長殺し」より)

 「ベストを尽くせ」とは良く言うけれど、人間がベストを尽くせることなんて、ないんだと思う。

 

たとえば100個の選択肢がある。

その中からベストの1個を選ぶことが出来るだろうか?

 

それを100回続けることは?

 

「人は常に、その時のベストを尽くしている」という考え方もある。

だけど「ベストを尽くす」のと「ベストを選ぶ」のも、また別の事柄だ。

 

でも別に、ベストを選ばなくても良いじゃないか。

どうせ無理なんだから。

 

人生で大事なことは、そんなことじゃない。