たぶん3分ぐらい - 稲浦悠馬 Yuma Inaura

140文字をたまに超えるぐらいのTwitter

「夜を乗り越える」を読みながら本の読み方を考える

本は読み方によって変わる。

 

たとえば、

1冊を最初から最後まで読み切るのと、

92ページ目まで読んで、続きは明日にするのでは。

 

だいぶ違う味わいになると思う。

 

本は材料みたいなもので、

そいつでどんな料理が出来るかは「読み方」次第だ。

 

どんな場所で、どんな媒体で、どんな飲み物を片手に、どんなタイミングで、どんな気持ちで読むか。

この組わせによって、同じ本でも違う味わいになる。

 

そう考えると、この世界でまったく同じ本は1冊も存在せず、

たとえ自分であっても、まったく同じ本を読むことは不可能だということになる。

 

料理に無限数の組み合わせがあるように、

本の読み方にも無限数の組み合わせがある。

 

そう考えると、小説的じゃないか。

コンプリートすることは決して出来ないけれど、読んでいる時間を楽しむことなら出来るだろう。

 

 

f:id:yumainaura:20170721235053p:plain