スターバックスでは咀嚼音を禁止します

今日、横の席にはクチャラーが座った。

 

香ばしそうな食べ物をこれでもかとばかりにクチャクチャと食べている。

ドリンクは氷までバリッボリバリッボリッと頬張っていた。

 

もし声をかけるならどんなバリエーションがあるかと想像してみる。

 

「馬が進化した生き物の方ですか?」
「お客様、人参はご不要でございますか?」

 

あだ名をつけるなら

 

咀嚼男爵

 

歓迎の挨拶は。

「スタークチャックス クチャクチャ店へようこそ」

「お客様、こちら禁クチャ席となっております、お隣のクチャ席の方をご利用ください」

 

こんな想像をしていたら不機嫌にならずに済んだ。

 

(ちなみに彼はMacBookで、何かすごく難しそうな数式を解いていた。何かの天才だったのかもしれない)