脳がフィクションを求める時

なぜだか実用書が心に響かず、どんな本を読んでもイマイチ。

 

そんな時に小説を読んでみると、意外なほどに心が動く。

音楽を聴いてみても心が反応するので、これは脳がフィクションを求めているのだなと思った。

 

f:id:yumainaura:20180113200453p:plain

この逆のパターンもある。

どんな小説を読んでも心に響かないという時も。

 

きっとビタミンなどの栄養と同じで

「今、ビタミンAが足りない」とか

「今、フィクションBが足りない」とかいうのがあるのだ。