パソコンは人間の能力の拡張だ (水と油とドレッシング)

なんとなく

「人間本体」と

「パソコンのような外部機器」は

相反するもの、というイメージがあった。

 

水と油というか。

 

パソコンは好きなはずなのに、脳が混乱していた。

人間とパソコンの間に、整合性を見つけるのに苦労していた。

 

そんな時にこの記事を読んだ。

 

katsumakazuyo.hatenablog.com

 

パソコンや全ての道具は、人間の能力の拡張だ。

 

こう理解するのは、なんだか、すごく落ち着きどころが良い気がした。

「人間 VS 機械」という矛盾に引き裂かれなくて済む。

 

もし人間が水で、機械が油だとしたら。

この二つが混じり合った、美味しいドレッシングになるような気がした。