読書はラットレースからの脱出手段

抜け出してしまえば、今までとは違う世界で生きることが出来る。

やはり読書は薬なのだ。

 

僕らはだいたいラットレースにはまりこんでおり、はまりこんでいることにさえ気付いていない。

それがラットレースだったと理解できるのは、いつだって抜け出した後だ。

 

本を読みながら、ひとつずつ洗脳から解かれていく。