iPad miniでブログを書く

入力端末が違えば、アウトプットも変わってくる。

 

iPad miniで書くときは、入力スピードが遅い。

ということは、表現を選んで厳選することになる。

 

iPad miniで書くときは、カフェにいることが多い。

ということは、書くときの気分もまるで違ってくる。

 

iPad miniでは、いちど書いた文章の編集は難しい。

ということは、編集度の低い、アドリブ度の高い文章になる。

 

iPad miniは画面では画面スクロールが決してしやすくはない。

ということは、1画面に収まる記事を書くようになる。

 

よく言われるように、創造に必要なのは自由よりも、制限だ。

制限の違いがテイストの違いを生む。