たぶん3分ぐらい - 稲浦悠馬 Yuma Inaura

140文字をたまに超えるぐらいのTwitter

ブログを書いている瞬間にしか、ブログを書くことの楽しさは分からない。

書き終わったその瞬間。

1秒経たないうちに、楽しさの豊穣さはどこかに消えて、まるで、異質のものに変わってしまうようだ。

 

書くという行為の中にだけ、美しさが存在している。

 

手を動かせ!