1番嫌な気分になるときは、人の顔が浮かんでいる。はるかな思い出は、20歳の頃の、コンビニの店長。嫌いだった。人間社会の中で生きる限り、人間が1番の悩みの種だ。嫌な気分の裏側で必ず人の顔が動く。空気中のイメージみたいに。この挙動を敏感に察知すれば多少はマシ。#マインドフルネス https://t.co/uqcxM6T31c


from Twitter https://twitter.com/YumaInaura

February 14, 2019 at 01:32AM
via IFTTT